日焼けしたらまず冷やしましょう

日焼け後のスキンケア、いつもと同じケアをしているのに肌にヒリヒリしみてしまうようなことはないですか?
それは日焼け後のお肌が敏感肌になっている証拠です。
無理して刺激の強いケアをしては逆効果になってしまいます。
日焼け後のデリケートな時だからこそ、安心して使える刺激の少ないスキンケアを心がけましょう。

 

日焼け後の肌が敏感になっているのは、肌が炎症を起こしている状態だから。
紫外線の刺激をうけて、肌が強いダメージを受けている証拠です。
まずはこの炎症を収めることからケアを始めましょう。

 

炎症を抑えるにはまず冷やすことが何より先決です。
氷で冷やしてしまうと逆に刺激が強すぎるので、冷水に浸したタオルや冷たいシャワーが効果的です。
肌が赤みを帯びてしまったらまず急いで肌を冷やしましょう。
メラニンが出来てしまう前に早い対策、スキンケアがなにより効果的です。

 

ヒリヒリ痛いのに無理していつものケアを行うことは絶対に避けましょう。
肌が健康な状態にあってこそ効果のあるケアだということを知っておくことが大切です。

赤くなった肌は冷やしてケア

日焼けの後のスキンケアでまず注意したいのは、赤くなってしまった肌に余計な刺激を与えてはいけない、
ということです
赤くなっている肌は炎症を起こしている状態であり、とてもデリケートになっています。
普段、肌をよい状態にしてくれるお気に入りのローションであっても、
日焼け後の肌には刺激が強すぎる場合もあるので注意が必要です。

 

日焼け後の肌のスキンケアはまず肌を通常の健康な状態に近づけることからはじめます。
肌の炎症を収めるためにも冷やすことも有効です。
ただし、冷やすときにも刺激を与えすぎないように、流水が直接肌に当たらないようにする、
氷で冷し過ぎないなどの配慮が必要です。

 

紫外線の刺激は思った以上に強いものです。
できてしまったシミを消すのは想像以上にむずかいいので、
日焼けしてしまったらすぐに正しいスキンケアで対策することが大切です。
メラニンが生成されてしまう前に、日焼け後は一刻も早くスキンケアをしましょう。

日焼けしたらすぐにケアしましょう

コスメコーナーに行くと必ず目にする美白という言葉。
この美白とは実際どんなことをいうのでしょうか?
シミひとつないキレイな白い肌。この美白美肌の大敵なのが日焼けです。

 

紫外線

夏になると、日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、日傘をさし・・・
と女性の日焼けに対して涙ぐましい努力をもって対策しています。
この日焼けの原因となるのが紫外線です。
紫外線に刺激を受けた肌が生成するメラニン色素がシミやくすみの原因となり、
美しく白い肌をがっかり肌へとかえてしまうのです。
そんながっかり肌になってしまわないためにも、日焼け後にはしっかりとスキンケアをすることが大切です。

 

スキンケア

日焼け前のスキンケアももちろん大切ですが、日焼け後のスキンケアで日焼け後の肌の状態は変わります。
日焼けしてしまったあとだからこそ、いつも以上にスキンケアに気を配ってみましょう。
焼けてしまったからといって諦めてしまってはいけません。
メラニン色素が沈着してしまう前に、早めの対策が必要です。